コンペの景品などでも使える!

気軽に作成できる記念品として

イベントなどで、サークルや会社のロゴを印刷したTシャツを目にすることは珍しくありません。同じデザインのシャツを着ることで団結感が生まれるだけでなく、ロゴがサークルや会社の宣伝にもなっています。それらは、オリジナルTシャツとして様々な場面で利用されています。既存のTシャツにロゴを印刷するだけなので、初めての人でも比較的簡単に作ることが可能です。気軽に作成できて費用もさほどかからないことから、オリジナルTシャツはコンペの景品としても人気があります。コンペの日にちなどをプリントしておけば、記念品として配ることも可能でしょう。Tシャツ自体は、長袖と半袖など選べますからコンペの時期に合わせたものを用意できる点でもお勧めです。

サイズや色違いも簡単に用意できる

コンペの景品として、オリジナルTシャツを作成するならデザインに気をつけることが大切です。まず、コンペで景品を渡す対象者の世代や性別を確認しましょう。一概には言えませんが、世代や性別によって喜ばれるTシャツの色やデザインには違いがあります。もし、様々な世代の人が集まる場合はサイズと色を何種類か用意しておくと安心です。オリジナルTシャツは、既存のシャツにイラストや文字をプリントアウトして作ります。Lサイズは何着でMサイズは何着というように、必要に応じてシャツのサイズや数量は選んでください。プリントアウトするロゴ自体を変えてしまうと、ロゴのデザインの数だけ費用が余分にかかってしまうので注意が必要です。

オリジナルと名の付くものは費用が高くなるイメージですが、インターネットの通販サイトならオリジナルトレーナーが格安で制作できます